テーマ:70年代パンク

アンダートーンズ 1979年遅れてきたUKパンク[No.899]

2月に書いた記事で,1979年の英ロックの充実ぶりについて触れた。その際,遅れてきたパンクとしてアンダートーンズ,スティッフ・リトル・フィンガーズなどを挙げた。今回は1979年のUKパンクを紹介しよう。中でもアンダートーンズのファースト・アルバムは良い出来だ。フィアガル・シャーキーの独特の声質,推進力抜群のバンド・サウンド,そしてポップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『イッツ・アライヴ』ラモーンズ アナログ盤で聴く意味[No.865]

『イッツ・アライヴ』をアナログ盤で入手した。60分ほどの彼らのライヴを体験するには,CDで一気に聴くのが一番だと常々思っていたので,アナログ盤は持っていなかった。しかし,地方で開催されたレコード市で本作を発見してしまい,現物を目にするとやはりついつい買ってしまうのだった。聴いてみると,なるほど,この音源はアナログ盤で聴く意味があったのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more