マイケルジャクソン「ビリー・ジーン」12インチシングル[No.935]

12インチシングルを入手して「ビリー・ジーン」を聴いてみた。この曲はバスドラが強く,ビートが強調されているので,12インチシングルで聴くとその威力が増すのではないかと期待が高まる。しかし,盤自体にかなりの汚れや傷がある。そこでレコード・クリーニングを行い,万全の態勢でレコードをプレイヤーに乗せる。針を乗せるとテンポが速く音が軽い。まさか,と思った時にはすでに時遅し。

12インチシングルなのに,33回転という残念な盤だったのだ。時折そうした盤を見かけることがある。店頭では必ず45回転という表示を探してから購入している。しかし,このご時世,通販で済ませることが多くなっている。ネット上では33回転か45回転か判断できない場合もある。そうした場合はDiscogsで検索している。マイケルジャクソン「ビリー・ジーン」は12インチシングル45回転だと確かめたうえで購入した。ところがなぜ33回転なのか。

再度検索すると,イギリス盤は45回転だが,アメリカ本国盤は33回転であることが判明した。凡ミスだった。ちなみに当時発売された日本盤は45回転だったことも分かった。アメリカでは45回転の音質の良さが認識されていなかったのだろうか。残念な結果だった。

それでも『スリラー』に入っているアルバム・ヴァージョンと聴き比べをしてみた。バスドラのキックに関しては,12インチ33回転盤のロング・ヴァージョンの方がより圧が高いように感じられた。それで良しとしよう。

ネットで購入する場合,細かい情報までしっかりチェックしよう。よい教訓となった。
Billie Jean - Jackson, Michael
Billie Jean - Jackson, MichaelTHRILLER - JACKSON, MICHAEL
THRILLER - JACKSON, MICHAEL

"マイケルジャクソン「ビリー・ジーン」12インチシングル[No.935]" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント