オハイオ・プレイヤーズ『スキン・タイト』クールなファンクネス[No.946]

オハイオ・プレイヤーズには『ゴールド』というベスト盤がある。これと『ファイヤー』があればOKだろうと思っていた。しかし,ガイド本で大枠で紹介されているのは『スキン・タイト』。どうにも気になり購入したところ,何とこれが大名盤で驚いた。しかもファンクと言ってもジェイムズ・ブラウンのように熱く燃えるサウンドではなく,実にクールなグルーヴだ。彼らの代表作は実はこっちだったようだ。

1曲目のタイトル・ナンバーからしてクールなファンク。延々と続きそうなミディアム・テンポのグルーヴが心地よい。リズム隊の格好良さに対して,サビに使われるホーン・リフはややポップ。しかし,間奏のエレピはクール。2曲目はハイハットが小刻みでベースが細かく動くファンクだが,決して熱すぎず低温でメラメラ燃える演奏だ。続く3曲目のスロー・ナンバーは夢の中にいるかのようだ。

こんな調子で実にクールな演奏が続く。ただし,曲が長めなので人によっては冗長に感じられるかもしれない。コンパクトな曲を期待する人にとてはベスト盤『ゴールド』をお薦めする。クールなビートが持続する快感を味わえる人は『スキン・タイト』がお薦めだ。

今回の一件から,黒人音楽をベスト盤で片づける危険性を感じた。やはりオリジナル・アルバム収録曲まで聴いてわかる良さがある。ベスト盤で安心せずに,本当に良い演奏が入ったアルバムを探すべきである。ソウル,ファンクの懐の深さを再認識した。
スキン・タイト - オハイオ・プレイヤーズ
スキン・タイト - オハイオ・プレイヤーズファイアー - オハイオ・プレイヤーズ
ファイアー - オハイオ・プレイヤーズGold - Ohio Players
Gold - Ohio Players

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント