[No.171]Touch Of Grey/Greatful Dead('87)

MTV世代にとっては、グレイトフル・デッドと言えば「タッチ・オブ・グレイ」のプロモーション・ヴィデオである。骸骨が歌うあれだ。そして、この曲が入ったアルバム「イン・ザ・ダーク」の鼻から上のメンバーの顔が浮かんでいるジャケットである。しかもその顔が逆さまになっている方だ(セカンド・プレスらしい)。
はっきり言ってこのバンドはいまだにピンと来ない。69年の「ライヴ/デッド」は曲が長くだらだらしたイメージがあって好きになれなかったし、アリスタ時代のベスト盤も聴いてはみたがどうも心に響いてこなかった。そんな私とこのバンドの唯一の接点は「タッチ・オブ・グレイ」なのだ。いかにも軽いだらだらした感じの起伏の少ない曲調と、ずっと同じことが続いていくような演奏ぶりがいい感じだ。そして歌詞がまたいい。 'I Will Get By, I Will Survive' という '生き残るぜ' という軽やかな宣言は見事だった。
きっと車で遠出する時のBGMにはもってこいの1曲だろう。これまでそうして聴いたことはなかったが、今度是非やってみよう。でももっと暖かくなってからでないと雰囲気がでないだろうな。暑い日にハイウェイを飛ばして、という感じでないとこの曲には合わない気がする。良くも悪くもそんな米国のイメージなのだ。その辺が今ひとつしっくり来ない原因なのだろうか。アメリカ映画(ロード・ムーヴィーもの)は好きでも、音楽はちょっと違うのか。それが私の感覚なのだなあ。将来、デッドが分かる日がいつか来るのかもしれない。

イン・ザ・ダーク
BMGインターナショナル
2000-09-06
グレイトフル・デッド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック