テーマ:シティ・ポップ

ジャパニーズ・シティ・ポップの名曲?[No.906]

『レコード・コレクターズ7月号』の特集は「シティ・ポップの名曲ベスト100 1980-1989」。アルバムではなく曲単位で,しかもランキング形式。1位が大滝詠一「君は天然色」だったら嫌だなあ,と思いつつページをめくると,1位はその弟子山下達郎「SPARKLE」だった。安心したものの山下達郎の曲の中で「SPARKLE」が1位になるあたりは…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本のAORの始まりとは [No.874]

友人から次のような趣旨のメールが届いた。ラジオのコンサート案内で「日本AOR の第一人者稲垣潤一」という紹介がされたが,稲垣潤一ではないだろう,しかし,だとすれば日本のAOR 第一人者とは誰なのか,教えてほしい。そこで,私が思い浮かべたのは次の2人だ。鈴木茂,Char。共に1976年発表のアルバム,『ラグーン』『Char』。この2枚が日…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

南佳孝『サウス・オブ・ザ・ボーダー』[No.869]

1978年の作品で,やっとアナログ盤で購入した。450円也。値段通りに,歌詞カード&クレジット掲載の内袋は黴だらけ。盤の状態もかなり汚れが目立つ。早速,アナログ洗浄液で綺麗にしてからターンテーブルへ。この暑い夏によく似合うサウンドだ。近年流行りのシティ・ポップ名盤として語られる本作は,全曲坂本龍一のアレンジで実によくできたサウンドである…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more