テーマ:ニュー・ウェーヴ

1979年の英ロック[No.890]

前々回の記事でギャング・オブ・フォーのアンディ・ギル死去の話題を取り上げた。その際,久しぶりにアルバムを聴いたところ,発売された1979年のイギリスのロックの充実ぶりを再確認した。そこで,今回は1979年英ロック特集である。時はパンクからニュー・ウェーヴへと移行する真っ只中。続々と有望新人がデビューしている。まずは,この年にアルバム・デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンディ・ギル(ギャング・オブ・フォー)死去 [No.888]

享年64歳。ギャング・オブ・フォーのファースト・アルバム『エンターテインメント!』は,これまで何回聴いたかわからないほどだ。最近はあまり使われないのかもしれないが,リズム・ギターという言葉がある。私は若い頃からリズム・ギタリストになりたいと思い続けている。そんなギタリストの一つの理想形がアンディ・ギルだ。彼のギター・リフやカッティング・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more