ギニー・オン・ザ・ウォール

アクセスカウンタ

zoom RSS [No.760]『リック・ダンコ』('77)

<<   作成日時 : 2016/08/20 11:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Rick Danko('77)
リック・ダンコのソロ1作目。廃盤になって長いのか,なかなかCDでは入手できないようなので,相変わらずアナログ盤で聴いている。とにかく曲がよい,演奏がよい,もちろんリック・ダンコのヴォーカルもよい。聴き応え十分なのに聴きやすい,といういいとこ尽くめの名盤である。俺がやりたい音楽はこれだ,と言わんばかりの気合いがこもっているのが素晴らしい。

同じころ,リヴォン・ヘルムもソロ第1作を出していて,有名ミュージシャンを多数集めたオールスター・バンドでのレコーディングだった。申し分ない出来なのだが,仲良しグループの気安さが感じられる面もあり,適度にリラックスしていて楽しいアルバムではあった。それに対して,リック・ダンコも曲によってロン・ウッド,エリック・クラプトン,ダグ・サームなど有名ミュージシャンを集めてのレコーディングだ。ガース・ハドソン,ロビー・ロバートソン,リチャード・マニュエル,リヴォン・ヘルムといったザ・バンドのメンバーも参加している。にもかかわらず,本作の心地よい緊張感はどこから生まれているのだろう。

例えば,ザ・バンドのメンバーが参加している曲はすべてバラバラで,同じ曲に複数のメンバーが揃うことはない。また,その他の名のあるミュージシャンたちも曲ごとにメンバーは違っている。つまり,同じメンバーで何曲も演奏しているわけではないのだ。そこがリヴォン・ヘルムのソロ作との違いなのだ。一応基本メンバーはいるのだが,そこにゲスト・ミュージシャンが現れ演奏に加わることで,適度な緊張感をもたせることに成功している。

のんびりムードのソロ作にしたくなかったリック・ダンコの気合いが,このレコーディング・スタイルに表れている。名作の所以である。最近,この時期のライヴがCD化され,本作の曲がすべて演奏されているという嬉しい出来事もあった。若干音質が良くないのが残念だったが,やはりこの頃のリック・ダンコは充実していたのだ,ということを確認できた。

Rick Danko
Edsel Records UK
1994-08-10
Rick Danko

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Rick Danko の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



My Fathers Place
FLOATING WORLD
2016-01-29
Rick Danko

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by My Fathers Place の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



リヴォン・ヘルム&ザ・RCOオールスターズ
ユニバーサル ミュージック
2016-06-22
レヴォン・ヘルム&RCOオールスターズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リヴォン・ヘルム&ザ・RCOオールスターズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[No.760]『リック・ダンコ』('77) ギニー・オン・ザ・ウォール/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる