[No.759]『カラー・バイ・ナンバーズ』/カルチャー・クラブ('83)

Colour By Numbers/Culture Club('83)
カルチャー・クラブ最大のヒット作を,日本盤のLP540円で購入。全英1位,全米2位,400万枚のセールスを記録し,シングル曲も「ポイズン・マインド」「カーマは気まぐれ」「ミス・ミー・ブラインド」と全米トップ10ヒット曲を連発。日本盤にはおまけで「タイム」(全米2位)も収録されお買い得だ。イギリス人のブラック・ミュージック好きが,これほどうまくヒットに結びついた例は80年代では本作がピークだろう。

「カーマは気まぐれ」はブルース・ハープをフィーチャーしているのが肝。「ポイズン・マインド」のモータウン的頭打ちビート,「ミス・ミー・ブラインド」での都会派ファンク・ビートと黒人音楽に学んだ要素が各楽曲にスムーズに投入されている。「イッツ・ア・ミラクル」「ポイズン・マインド」などでの女声ヴォーカル,ヘレン・テリーのコーラスの貢献も大きい。

さらに,アルバムを聴き進めると,主役であるボーイ・ジョージが,各曲で実に滑らかなヴォーカルを聴かせていることに気付く。黒人マナーのシャウトなどはないのだが,むしろ抑えめにじっくりと歌うボーイ・ジョージのシンガーとしての魅力が本作のヒットの要因の一つであることが分かる。

今聴いても,確かに売れるサウンドである。しかし,どうしても物足りないのはロック感で,それは本作に求めるものではないだろうが,ロック・ミュージシャンとしてのブラック・ミュージックへのアプローチが感じられればと思ってしまう。一言でいうと軽いのだ。ガツンと来ないわけだ。

思えば60年代のブリティッシュ・ビート勢は,ブラック・ミュージックへの憧れを非常に無骨に表現していた。解釈が荒かった。しかしそれが魅力だった。80年代にブラック・ミュージックに影響された英国ミュージシャンは多かった。しかし,妙にこなれていてスムーズ過ぎる感があった。本作がその代表格で,だからこそ売れたのだと再認識した。例えば,バウハウスザ・キュアーがファンク・ビートを導入した時のあのぎこちなさは,だからこそ大きな魅力だったのだ。カルチャー・クラブはブラック・ミュージックへの接近の仕方がうますぎる。ロック的ではないアプローチがあの時代に求められヒットに結びついたのだろう。

カラー・バイ・ナンバーズ+5
ユニバーサル ミュージック
2015-11-04
カルチャー・クラブ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カラー・バイ・ナンバーズ+5 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



キッシング・トゥ・ビー・クレヴァー+4
ユニバーサル ミュージック
2015-11-04
カルチャー・クラブ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キッシング・トゥ・ビー・クレヴァー+4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Kiss Me, Kiss Me, Kiss Me
Fiction
2006-10-30
Cure

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Kiss Me, Kiss Me, Kiss Me の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Mask
Beggars UK - Ada
2007-05-21
Bauhaus

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Mask の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2016年08月07日 18:55
ブラックミュージックへの接近が上手すぎた。おっしゃる通り!! 60年代のブリティッシュ・ビートは、接近の仕方が不器用だったのと、まるまるコピーは恥ずかしいという変な構えもあったのではないかと・・・。
カルチャー・クラブとは、まったく別のアプローチをしたブルース・ブラザーズの方がロック・ファンには受けがよかったですね。
2016年08月07日 21:21
ブルース・ブラザーズは,本物をバックにしていたところがまず違う。そしてそこにR&B好きの偽物が乗っかるわけですが,バンド・メンバーがそれを面白がってしまったことが成功の要因ですね。普通は嫌がりますよね。ふざけるんじゃない,と。ところがメンバーは調子に乗って映画にまで出てしまった。それくらい,楽しいセッションだったのでしょうね。ジョン・ベルーシとダン・エイクロイドが音楽に対しては本気だったことが大きいです。

この記事へのトラックバック