ギニー・オン・ザ・ウォール

アクセスカウンタ

zoom RSS [No.676]『ナイト・ムーヴス』/ボブ・シーガー&ザ・シルバー・バレット・バンド('76)

<<   作成日時 : 2014/08/02 11:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

Night Moves/Bob Seger & The Silver Bullet Band('76)
ロックが死なずに長生きしているため,ミュージシャンもすっかり高齢化した。この間ボブ・シーガーの最近の写真を目にし,そのあまりの容貌の変化の激しさに驚かされた。白髪と白髭に老眼鏡,ヘッドバンドにアコースティック・ギターを抱えてにこやかにステージに立つその姿には唖然とした。いや,誰でも年は取る。それを責めるのはお門違いだ。それでも『ナイト・ムーヴス』のジャケットを見てしまうと,現実の過酷さを思い知らされる。

長髪と髭面,革ジャン,しわがれた声でシャウトするのがボブ・シーガーのイメージだ。1曲目「ロックン・ロール・ネヴァー・フォーゲッツ」からして期待通りのアメリカン・ロックだ。2曲目の「ナイト・ムーヴス」は,全米4位を記録し自身初のビッグ・ヒットとなった。それにしては地味な曲調だ。76年頃はこうした比較的ソフトなヒット曲が多くなり,この曲も受け入れられたのではないか,といった意味の説明が日本盤ライナーノーツにあった。「ナイト・ムーヴス」は聴けば聴くほど味わい深くなじんでいく曲だ。サビでマイナー転調するが,そこに女声コーラスが被さってくると,これはソウルなのだな,ということが分かってくる。

ボブ・シーガーはデトロイト出身。モータウンに代表される黒人音楽の町だ。R&Bの影響を受けるのが当然だ。3曲目の「ファイア・ダウン・ビロウ」はブルース,7曲目「カム・トゥ・ポッパ」はファンクだ。ブラック・ミュージックをバックボーンとしながら,ロック・ミュージシャンとして出す音が良い具合に融合しているのが本作の成功の原因だろう。アルバムも全米8位と初のトップ10入りしている。

改めて聴くと4曲目の「光の中へ」が見事な出来映えだ。前半は穏やかな調子で始まり,少しずつ演奏が熱を帯びていくと,中間部で一転ハード・ロック調に変化する。このまま最後まで行くかと思わせておいて,また曲調を元に戻すのだが,そこで入るフルート・ソロにはっとさせられる。ピアノをバックにフルートが鳴ると途端にプログレ・バンドのように聞こえるのが面白い。名演である。

近年どんな活動をしているのかは全く知らないが,たとえオヤジ化したとしても,元気に音楽をやり続けてくれるのならそれでよし。ただヘッドバンドはやめた方がいいと思う。

Night Moves
Capitol
1999-12-07
Bob Seger

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Night Moves の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Live Bullet (Remastered- Extra Tracks)
Capitol
2011-12-05
Bob Seger & The Silver Bullet

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Live Bullet (Remastered- Extra Tracks) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Stranger in Town
Capitol
2010-09-01
Bob Seger

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Stranger in Town の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Against the Wind
Capitol
2010-09-01
Bob Seger

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Against the Wind の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
出ました!これボブ・シーガーのスタジオアルバムの中ではベストだと思います。俺もオールタイムベストにチョイスする予定です。ベテランロッカーの老齢化・・・これはゆゆしき事態ですよね。新しいアーティストではなかなか満足できる人出てこないんだなぁ〜
シュガー・シェイカー
2014/08/02 13:59
アナログA面とB面が対比されるのように作られている点も見逃せません。ロックン・ロール,バラード,ブラック・ミュージックの順に進み,A面最後はスローとハードを1曲にまとめ,B面は2曲に分けているという構成ですね。
ギニー・イン・ユア・ルーム
2014/08/03 14:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
[No.676]『ナイト・ムーヴス』/ボブ・シーガー&ザ・シルバー・バレット・バンド('76) ギニー・オン・ザ・ウォール/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる