[No.203]Heat Of the Moment/Asia('82)

そう、バグルス「ラジオ・スターの悲劇」と、エイジア「ヒート・オブ・ザ・モーメント」の最初の部分は実によく似ているのだ。だからあの「ビー・マイ・ベイビー」のドラム・パターンが聞こえてきたのだし、バグルスの曲に続いて出てきた歌詞は「ヒート・オブ・ザ・モーメント」"Do You Remember When We Used To Dance" の部分だ(この歌詞に続いてドッ、ド、ドン、ターンのドラムが最初に入る)。
ところで賢明な読者はもうお気づきのことだろう。この2つのグループに共通しているのはジェフリー・ダウンズの存在だ。そこで確認してみると、 「ラジオ・スターの悲劇」のクレジットはホーン/ダウンズ/ウーリー 「ヒート・オブ・ザ・モーメント」ウェットン/ダウンズだ。2曲ともダウンズがメロディを書いた可能性は高い。そうすると、同じ人間が書いた曲ならば似ていて当然ということになる。しかもキーまで一緒だ。
そう思いながら、2つの曲を交互に聞き比べてみると、やはり最初の部分はよく似ている。そればかりか、サビの部分、どちらも曲名を歌うところだが、これも実は似ていることに気づく。
そこでつい思いつきで2曲を部分ごとに分けて、交互につないで編集してみた。これが面白い。あまり違和感なくつながってしまうのだ。
公共のネット上に勝手に人の作品をいじくって載せてしまうのは正直心苦しいし、いけないことだとわかってはいる。しかし、おもしろいものを作ってしまったのだから仕方ない。それに、これによって私にお金が入るようなことはないのだから、ダウンズさん、どうか勘弁して笑ってすましてください。
というわけで興味のある人はこっそり聴いてみてください。


Asia
Geffen
1990-10-25
Asia

ユーザレビュー:
産業ロックと揶揄され ...
もはや産業ロックでは ...
プログレ大逆転時は1 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック