[No.174]Boys Don't Cry/The Cure('86)

この曲は79年発表のザ・キュアーのセカンド・シングルだが、86年にロバート・スミスがヴォーカルを録音し直しミックスも変えて再びシングルとして発売された。ちょうどザ・キュアー初のベスト盤が出た頃で、そのアルバムにはこの新録ヴァージョンが収録されている、とライナー・ノーツに書かれているにもかかわらず、79年のシングル・ヴァージョンと同じだったので、当時から疑問だった。その後、別のベスト盤が出てもやはりこの曲はオリジナル・ヴァージョンが収録されていて、きっとその新録ヴァージョンは86年当時に発売されたシングル盤以外では聴くことができないのだと思っていた。
ところが、まったくちがうところからこの別ヴァージョンを発見してしまった。それは「ザ・キュアー/グレイテスト・ヒッツ」というDVDだ。シングル曲のプロモーション・ヴィデオを集めたものだが、なんとその1曲目の「ボーイズ・ドント・クライ」のイントロの演奏が違う。オリジナルはギターのコードだけで始まるのだが、こちらのヴァージョンはギター+ドラム・ベースで始まるのだ。さらに曲を聴き進めると、途中のヴォーカルがちょっとずつ違うことに気づく。ロバート・スミスのヴォーカルは基本的に声の感じも変わらないのだが、コーラスが長く伸びる部分があって別ヴァージョンとはっきり分かるのだ。
そんなわけで、やはり新録ヴァージョンは存在したのだ。実際はかすかな違いのヴァージョンというところだ。それでも、ずっとこのヴァージョンの存在を疑問に思っていた者としては、やっぱり違うヴァージョンなのだ、ということが確認できたので満足である。
”男の子は泣かない”というのは大事なことだ。もはや”ボーイ”という歳でなくなっていても、やっぱり泣かないのだ。本当は泣くことはあっても、泣いちゃいけないのだ。それが男だぜ。
THE CURE/Greatest Hits


Greatest Hits
Universal International
2001-11-13
The Cure

ユーザレビュー:
とにかく曲が素晴らし ...
苦しいなあ~このベス ...
素晴らしいです僕はt ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



グレイテスト・ヒッツ [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック